居心地のよさを感じてもらえたら婚活パーティーで成功する!

男性はこれから先を考えたときに、居心地のよさを重視します。
そのため、会話をしていて嫌だと感じたり、この人と話していると疲れる・・・と思ってしまったりしたら、その方に選ばれることはありません。
とくに婚活パーティーでは、そんなに長く会話をする時間もないのが正直なところです。
短い時間の中で、居心地のよさを感じてもらえる会話の仕方を覚えておきましょう。

■どんな行動をすればいい?

なんか話していても落ち着くし、素敵な人だな・・・と感じさせるには、どのような行動をすればいいのでしょうか。
こちらでいくつか詳しく紹介していきます。

・相手の目を見ては話し相槌ちを打つ

せっかく自分の話を相手がしてくれているときに、まったく聞いていない雰囲気が出ていたら、すごく嫌な気分になります。
とくに初めての婚活パーティーでは、さまざまな知らない人と話すということで、恥ずかしさが出てきてしまうかもしれません。
しかし自分としては恥ずかしいから目を合わせられなかったとしても、相手はあまり話を聞きたくないから目を合わせないのかもしれないと感じてしまいます。
恥ずかしい気持ちがこみあげてきてしまっても、できる限り相手の目を見て話を聞きましょう。
このとき、鋭い目つきで見つめたら怖いので、ニコニコ優しい表情で見ましょう。
優しい雰囲気の表情で目を見て話を聞いてもらえたら、男性は大変好印象を抱きます。
さらに相槌ちも大切で、適切な部分でうなずいてあげると、話を真面目に聞いてもらっている印象を与えます。
「へーすごい」「かっこいいですね」などと、会話の中で相槌ちを打つと言葉のキャッチボールもうまくいき、相手も気持ちよく会話ができるのです。
普段から人見知りだという方は、婚活パーティーの前に、シミュレーションをして練習しておきましょう。

・言葉遣いを丁寧にする

話をしているときに、普段の話し方がつい出てしまいます。
たとえば地方の人が東京などに行ったときに、「なまっているね」と言われるようなもので、自分では知らない間に、普段の言葉遣いをしてしまうのです。
たとえばおいしい料理を食べたときに「この料理おいしいですね」と言われれば違和感ありませんが、「この料理すんげーうまい」と言われると、なんとなく違和感があります。
慣れてきて気心が知れてきたらそれでいいのですが、婚活パーティーで急にそんな言葉遣いをされると、気持ちが引きます。
いつもとは違う場所ですので、言葉遣いには気をつけるようにしなければなりません。

・笑顔がないのはNG

どうしても人前にいくと緊張してしまうという場合でも、会話の中でまったく笑顔がないのはNGです。
正直逆の立場で男性がまったくの無表情で、ずっと下を向いたまま時間が終わってしまったら、不快な気持ちでいっぱいになってしまうでしょう。
めんどくさそうな態度もNGですし、怖い雰囲気を出してしまうのはあまりよくありません。

・適度に質問する

会話をする際に自分の話ばかりをしてしまうと、相手も困ってしまいます。
だからといって逆に質問攻めばかりしても、逆に相手ばかり答えることになってしまい疲れます。
自分の紹介もしつつ、適度に相手に質問をするようにしましょう。
最初婚活パーティーに慣れないときには、適度に質問するというのがうまくいかないかもしれませんが、慣れてくるとどんな会話が盛り上がるのかわかってきます。
適度に質問をしながら自分のことも紹介できると、相手はリードが上手で居心地いいなと感じてくれます。
一緒に結婚したときにも、上手に立ち回ってくれて気が利くイメージをもちますし、好感を与えることができるでしょう。

・他人行儀になりすぎない

婚活に力を入れていると、緊張感から、話すときに変にぎこちなくなってしまう人がいます。
とくに仕事の面接に来たかのように、固くなってしまう人も出てきます。
婚活は就活ではないため、変にお互いの間に距離をとるような話方をしてはいけません。
他人行儀になりすぎた話し方は、相手に違和感を与えます。
くだけすぎて汚い言葉を使う、ガハハと大口を開けて笑うのも避けたいところですが、ラフな感じで友人と話すような感覚で会話をしましょう。

■会話の内容も注意!

居心地がいいと感じさせてくれる女性は、気遣いができます。
男性に対しての会話の内容にも注意をし、一緒に会話をしていて楽しいという気持ちを与えるようにしましょう。

・仕事の年収や結婚の理想像について

婚活パーティーでは、まだ顔合わせの段階になります。
顔合わせをしてお互いに素敵だと感じ、その後デートを重ねていく上で、将来について語り合うのはOKです。
しかし、まだ出会って5分や10分の間に、仕事の年収や細かいお金の話、結婚した後の理想像について話すのはやめましょう。
とくに女性が気になっている年収について、根掘り葉掘り聞くのはご法度です。
そもそもパーティーには年収がハイクラスの男性しか集まらないものもありますので、そこに参加していれば、ある程度の年収はお約束されています。
わざわざズバリいくらか聞く必要はないのです。
結婚後の子どもの人数やどんな夫婦になりたいのかも、お互いに仲が深まってからでないと、急に聞かれたら怖いです。
当たり障りのない、楽しい話をして笑顔で盛り上がりましょう。

・自慢話しはほとんどに

自分のことを知ってもらうという意味で、「●●が得意で、今週末には趣味として没頭している」など、軽く話す分には問題ありません。
しかし、自慢話を長々として、「どうだ私はすごいだろ?」という態度をしたら幻滅されます。
別に男性は自慢話を聞きたいわけではなく、女性の人柄を知りたいだけです。

・男性は立ててあげよう

自分の自慢話しはしないほうがいいですが、もし男性が武勇伝を語ったときなどは、逆に褒めてあげましょう。
自分の自慢や武勇伝を話すということは、いい男だと思ってもらいたいあらわれですので、ぜひ「すごい」というような言葉で盛り上げてください。
男性は単純なところがあるので、褒められたら素直に嬉しいですし、女性の高感度が上がります。
気持ちよく話を聞いてくれる女性だと思い、一緒にいる心地よさを感じてくれるでしょう。

■婚活パーティーVS出会い系アプリ

婚活をする場合は、出会い系アプリは向いていません。
気軽に大人の関係だけでマッチングしてほしいときには、出会い系アプリは向いています。
そもそも女性向けには男性との素敵な出会いがあると出会い系アプリでは宣伝していますが、男性向けには「今日すぐにでも大人の関係がもてる人が見つかる」と別の角度から宣伝しています。
どんなに女性が真剣な出会いを求めて利用しても、相手はすぐにでも楽しめる人を探している場合が多いのです。
その点、婚活パーティーでは、その場だけの関係ではなく、結婚後の将来を見据えての関係を考えている人が集まっています。

■名古屋のアリアパーティーは真剣な婚活ができる

結婚につながる出会いを求めている場合、アリアパーティーがぴったりです。
パーティーの種類も豊富にご用意していますので、自分に合うカテゴリーを選べます。
趣味やライフスタイル、年齢、価値観などに分かれていますし、年齢も20代、30代、40代と幅広い年代の出会いを応援しています。
大人数すぎるパーティーだと、なかなかすべての方とお話しをするというのは難しいものです。
アリアパーティーでは、さまざまな方同士が会話できるように、人数も6人~とさせていただいております。
連絡先交換にもつながりやすいですし、真剣に婚活をしている者同士が出会えます。

パーティーコラム一覧

  1. そのパーティーは本当に自分に合っている?

  2. 婚活パーティーでこんな話は引かれちゃう?!NGトーク

  3. 婚活疲れで投げやりになっても押さえておきたいお相手選びの条件

  4. モテるのに結婚できない女性の婚活

  5. 婚活はモテる必要はない

  6. カップリング後のデートで会ってみたら、 パーティーの時の印象と違った問題

  7. 婚活パーティーで知り合った人とのやり取りが続くLINEのコツ

  8. 女性が喜んでくれるデートとは?

  9. パートナー候補にピンとくる婚活ファッション

  10. 二人の距離を縮めるためにやってはいけないNGなデート

  11. 【重要】アリアパーティーの新型コロナウイルス感染症対策について

  12. ふだん異性と接する機会が少ない人のためのパーティー有効活用法

パーティーを探す
Search Party